クリニックのご案内

南東北眼科クリニック内受付

院長あいさつ

南東北眼科クリニック 院長 小林健太郎

南東北眼科クリニック 院長 小林健太郎

南東北眼科クリニックは、平成16年に総合南東北病院本院の1診療科としての眼科部門から、脳神経疾患研究所の附属クリニックとして、南東北医療クリニックと併せた南東北グループ郡山地区の外来部門としての機能を担うべく独立いたしました。以来18床の眼科病棟に眼科専用の手術室2室を備え、患者さんの病状に合わせた日帰り手術や入院手術等の様々な手術へ対応しています。外来検査では最新の設備を充実させ診断に役立てており、治療においては、通常の保険診療に加えて、先進医療や保険外診療も含め、患者さんの要望にこたえるよう努力研鑽しております。

当クリニックでは、白内障手術での待機期間を極力短くし、免許更新等の視力改善の際、なるべく患者さんに負担のないよう心掛けています。認知症や発達遅滞等で眼科手術が受けられずお困りの方への対応に加えて、緊急度の高い網膜剥離や緑内障手術についても、他院からのご紹介も含めて積極的に受け入れておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

また、眼科領域の疾患だけでなく、全身にまたがる疾患においては本院、医療クリニック、第二病院と連携し対応しております。

私どもは、これまでも地域の皆様の信頼を受けるクリニックとなるべく、院是である「すべては患者さんの為に」を実践して参りました。今後とも医療の安全面に細心の注意を払いながら、一人でも多くの患者さんのお力になれるよう精進してまいりますので宜しくお願い致します。

診療について

当院眼科の特徴

  • 他科に入院中の患者さんも南東北眼科クリニックで診療を行っております。全身状態が悪い方は、総合南東北病院と連携し全身管理下で手術を施行しております。

  • 多焦点眼内レンズの先進医療認定施設です。
    乱視が強い患者さんには乱視用眼内レンズを使用し、術後裸眼視力の回復の向上に努めています。

    先進医療(多焦点眼内レンズ)
  • 眼科手術は、白内障、網膜硝子体、緑内障、斜視、眼窩、涙道、眼瞼手術、外傷など、すべての眼疾患に対し、南東北眼科クリニック、総合南東北病院眼科で対応しています。

    眼科の主な疾患
  • 眼科手術は、毎日行っており、患者さんの都合や、ご希望に沿って日帰り手術、入院加療に対応しております。入院期間は、短期入院を心がけ、後発品も積極的に採用しており、経済的負担を最小限に抑えるよう努力しております。

  • 一般眼科の他、特に、網膜症硝子体疾患に力を注いでいます。また、脳疾患患者が多く、神経眼科の患者さんが多いのも特徴です。

    硝子体出血
  • 加齢性黄斑変性症に対し、抗VEGF硝子体注射、光線力学療法を施行しています。

  • 糖尿病、高血圧、脳卒中患者さんに対して、他科と連携し、全身と眼の疾患の管理を強化しています。

  • 小児、車椅子の患者さんに対して負担が少ないよう手持ちの診断機器を取り揃え、患者さんに優しい医療を心がけております。

  • オルソケラトロジー認定施設です。

    オルソケラトロジー治療
  • 眼瞼痙攣でお困りの方には、ボトックス注射を行っております。

  • 予約の方が優先となっております。初めて受診される方は、予約をされることをお勧めします。

    診療について

手術統計

2018年度 手術件数

2018年度 手術件数

2018年度手術件数と過去6年間の手術件数推移

2018年度手術件数と過去6年間の手術件数推移

緑内障手術にはトラベクレクトミー、アイステント+白内障、インプラントも含んでおります。網膜硝子体手術には強膜内陥術、冷凍凝固術も含んでおります。その他には翼状片、結膜形成、眼瞼下垂、霰粒腫など含んでおります。

足湯のご案内

足湯

当院入り口には利用料が無料の足湯があります。日頃の疲れやストレスを少しでも癒していただければ幸いです。

効能

  • 体全体の疲れ、だるさ、足のむくみ
  • 冷え性、不眠症や低血圧の緩和
  • 風邪の予防
  • リラックス効果
pagetop