緑内障

南東北眼科クリニック医師と看護師

緑内障は何らかの原因で眼球内に流れている房水の流れが妨げられ、眼圧が上昇し視神経が障害されることで発症のリスクが高くなると言われています。周辺の視野から徐々に障害されていくので自覚症状は初期の段階ではほとんどありません。視力検査、眼圧検査、視野検査、隅角検査、OCTなどの画像検査が必要です。

定期的に眼底検査をし、早期発見をすることが大切です。はじめに薬で眼圧をコントロールし、薬でコントロールが不自由な場合にレーザー治療、下記の手術治療となります。

虹彩切除術・線維柱体切除術(トラべクレクトミー)

欠点

術後の眼圧の変動に個人差が大きく、術後低眼圧になることが多く、入院期間も長くなります。

緑内障フィルトレーションデバイス(アルコンエクスプレス)

緑内障フィルトレーションデバイス

トラベクトーム

トラベクトーム

毛様体光凝固術

毛様体光凝固とは

レーザー光を毛様体へ照射することにより、房水産生抑制/房水流出を促す治療


レーザー治療の流れ

麻酔をした後にレーザー用のプローブを眼に押し付けて行います。多少の痛みを伴う場合がありますが、10分程で治療は終わります。レーザー直後は暗く感じて見えにくくなることがありますが、普通は数10分程で戻ります。当日は特に安静の必要はなく、日常生活に制限はありません。

iStent(アイステント)

iStentは白内障の手術と同時に行う簡易型の緑内障手術です。

iStentは緑内障の治療をするために使われる医療機器です。長さは1㎜で医療用グレードチタン合金でできています。このiStentを眼の中の組織に埋め込むことで、房水と言われる眼圧を調整する液体の排出循環を改善し、眼圧を低下、安定することが期待されます。
iStentの手術は、手術時の眼の切り口が小さいので、術後の回復が早く、合併症もほとんどなく、手術後に眼圧が下がることで緑内障治療用の点眼薬の数を減らせる可能性があります。患者さんの症状に合わせて医師の判断で適切な治療を選択しています。

現在のMRIでは問題なく撮影が可能(3テスラ以下)であり、手術を受けた患者さんにはiStentの情報が記載された患者IDカードをお渡ししています。

pagetop