先進医療

南東北眼科クリニック検査機器

多焦点眼内レンズ

当院では、先進医療の「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を行っています。
自費診療となりますので治療費についてはお問い合わせ下さい。

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズと異なり近くと遠くの両方にピントを合わせることができます。図①のように近くのリモコンや遠くの時計、風景にもピントが合うようになります。多焦点眼内レンズは、近くと遠くの両方にピントを合わせることができますが、若い頃のように見たいすべての距離にピントを合わせることはできません。

また、単焦点眼内レンズに比べて、グレア・ハローが出やすいため、図②のように暗い所(夜間)で光を見た時に眩しく感じることや、ぼやけて見えることがあります。見えにくいと感じるときには、眼鏡を装用した方が楽に感じる場合もありますが、基本的には眼鏡の使用頻度が少ない生活が可能になります。

昼間の見え方 イメージ図

図①

単焦点眼内レンズの場合

単焦点眼内レンズの場合(ピントが合う距離が一つ)

多焦点眼内レンズの場合

多焦点眼内レンズの場合(ピントが合う距離が複数)

図② グレア・ハロー

グレア・ハロー

当院で扱っている多焦点眼内レンズの種類

レンズの外観 ReSTOR Symhony Multifocal iSii
名称 AcrySof IQ Tecnis Tecnis AF-1
ReSTOR Symhony Multifocal iSii
メーカー Alcon AMO AMO HOYA
近方焦点距離 40cm 60cm 30、40、50cm 40cm
光学部デザイン アポタイズ回折型 エシェレット回折型 回折型 屈折型
グレア・ハロー 出現しにくい 出現しにくい 出現しにくい 出現しやすい
コントラスト感度 低下 良好 低下 明所では良好
瞳孔径 影響あり 影響なし 影響なし 影響あり
遠方視
中間視
近方視

多焦点眼内レンズの適応について

多焦点眼内レンズの挿入には、十分な術前検査が必要です。患者様の目の状態によって、眼内レンズの選択は異なりますので、必要な検査を全て行い、適応かどうか担当医師が判断し説明いたします。

適応

  • 白内障以外に眼疾患がない
  • 比較的年齢が若く、眼鏡の使用頻度を極力減らしたい
  • 多焦点眼内レンズの性能を理解できる
    (グレア・ハローの可能性、コントラスト感度の低下、単焦点に比べピントが甘いなど)

多焦点眼内レンズに向かない方

  • 完璧な見え方にこだわる(繊細な性格)、術前に過度な期待を持っている
  • 角膜不正乱視が大きい
  • 白内障の程度に比べて矯正視力が不良
  • 視神経疾患、黄斑疾患など術後の視力やコントラストに影響を与える疾患がある
  • 明所時での瞳孔径が小さい(屈折型では3.5mm以上、回折型では2.5mm以上が必要)
  • 眼瞼下垂がある
  • 重度なドライアイ
  • 繊細な色彩を必要とする職業(建築家、デザイナーなど)
  • 向精神薬を服用している

多焦点眼内レンズの挿入を希望された場合でも、目の状態、検査結果によって多焦点眼内レンズを選択できない場合もありますのでご了承ください。

pagetop